プリザーブドフラワー

残り少ない夏を満喫!あなたを元気にするオレンジ色の魅力

ひと雨ごとに、秋の足音が聞こえる時期になってきましたね。
でもまだ残暑の厳しさもあるので、油断は禁物ですよ。夏の強い日差しに、お肌もこころも少し疲れ気味ではありませんか?そんなあなたを元気にする、オレンジ色のパワーについて探っていきましょう。

 

あなたの夏はまだ終われない?!

まだまだ厳しい残暑が続く中、夏を終わらせたくない!とばかりに、レジャーにお酒に、楽しいこと盛りだくさんでお過ごしではありませんか?気の合う仲間たちとはしゃいだり笑ったりした夜は、実はメンタルもからだも予想以上に疲れているものです。

残り少ない夏を少しでも身近に感じて楽しみたいときは、自分のからだの声に耳を傾けるのも、とても大切なことですね。
その声を聞き取れたら、あなたの夏も終わりを告げています。

 

こんなからだの声、聞こえてきませんか?

そろそろ朝晩の気温が下がり、湿度も幾分か和らいできましたが、真夏を過ごしたからだは結構しんどい時期でもあります。
気持ちの上では元気なつもりでも、実はからだはこんな風に症状としてSOSをあなたに発信しています。

①お腹がゆるいことがある
②手足がむくむ
③髪がパサついてきた
④最近食後にとても眠くなる

これらはすべて夏の疲れから来るからだの声です。
夏の暑さから少しでも逃れようと、ついつい冷たい飲み物や食べ物を続けていたり、強い日差しの中を出歩いていたりしていませんでしたか。
水分を意識しすぎて摂取しすぎていたのに、そのわりに運動量が少なかったりしているとむくみの原因にもなりますし、暑さで内臓が疲れて水はけの悪いからだになります。
これらは十分にからだを休息させてあげることで、気が満ちて回復することができるんですよ。

 

簡単にできる!オレンジ色の回復パワーを利用。

オレンジ色はよくビタミンカラーといわれていますが、カラーセラピーの世界でも私たちを元気にしてくれる色として知られています。
フルーツのオレンジも栄養価として、細胞を元気にしてくれるビタミンCを持っていますが、実は「色」そのものだけでもわたしたちにかなりの影響を与えます。
食欲不振の場合にはオレンジ色を眺めることで、食事が楽しく感じられるようになりますし、大腸や小腸の状態をよくしてくれるといわれています。
また、メンタルの面でも沈んだこころに活力を与えて、前向きにしてくれるといううれしい働きも。

 

オレンジ色のお花に囲まれる。その結果に驚き!

お花にはそもそも、人のこころを癒やすエネルギーがあるといわれています。
お花をみると誰もが思わず微笑み、うれしい気持ちになったり、悲しかった気持ちが慰められますよね。
生花でももちろんいいですが、おすすめしたいのはプリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーは生花を特殊加工してあるので、保存期間がとても長いのが特徴。
湿度などに気をつければ、数年美しいままでわたしたちを癒やしてくれますよ。
オレンジ色のプリザーブドフラワーでおすすめしたいのは、やはり定番のバラ。バラは大小豊富なサイズや形状やあるので、寄せ集めるだけでもかなりの存在感を放ちます。
いつもくつろぐリビングなどに飾って眺めるだけで、細胞を元気にしてくれからだの内側からメンテナンスしてくれる頼もしさがありますよ。

 

おわりに

たかが色・・・だなんて思うことなかれ、色にははかりしれない可能性を秘めているんですね。夏に疲れたからだやこころをオレンジのプリザーブドフラワーで癒やし、ほかの人より一足早く美と健康を保っていきましょう。

関連記事

  1. 花風水で癒やす 自分に贈るご褒美のブリザーブドフラワー
  2. 秋のインテリアはシックなプリザで暖かく
  3. 紫色のプリザーブドと、カラーブリージングで見通し明るく!
  4. もうすぐ秋!緑のプリザーブドで読書もスイスイ
  5. 花風水で選ぶ!大好きなあの人に思いを届けるプリザーブドフラワー
  6. 白色のプリザーブドと、カラーブリージングでクリアになりましょう。…
  7. 花風水で選ぶ 敬老の日に贈る感謝のプリザーブドフラワー
  8. 大切な人にプリザーブドフラワーを贈ろう。 花と一緒に気を届ける花…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 残り少ない夏を満喫!あなたを元気にするオレンジ色の魅力
  2. 赤色のプリザーブドとカラーブリージングで活力アップ!
  3. 白色のプリザーブドと、カラーブリージングでクリアになりましょう。
  4. 紫色のプリザーブドと、カラーブリージングで見通し明るく!
  5. 青のプリザーブドと、カラーブリージング♪

ランキング

人気記事

赤色のプリザーブドとカラーブリージングで活力アップ!

「なぜあの人はいつも生き生きとしているのか」と、思わず疑問に思ってしまう人があなたの周りにいませんか…

陰陽五行と五臓、その色について

~五臓と色の関係~五臓とは肝(かん)、心(しん)、脾(ひ)、肺(はい)「腎(じん)の5つです。こ…

カーネーションの花言葉~由来と伝説

カーネーション(英: carnation、学名: Dianthus caryophyll…

PAGE TOP