陰陽五行

陰陽五行と五臓、その色について

~五臓と色の関係~

五臓とは肝(かん)、心(しん)、脾(ひ)、肺(はい)「腎(じん)の5つです。この五臓はそれぞれ色で青が肝、赤が心、黄が脾、白が肺、黒が腎と、5つのタイプに分かれます。
五臓のうちの肝、心、肺、腎の4つは西洋医学の「肝臓・心臓・肺・腎臓」と似た働きですが、脾(ひ)は中医学では消化器系のことを指し、脾臓とは少し異なります。

五行と五臓について

中医学では「木火土金水」の五行に五臓(ごぞう)を当てはめ、木が肝、火が心、土が脾、金が肺、水が腎になります。
この五臓のイメージカラーとも言えるのが五色になります。
それぞれの働きについては下記のとおりです。

・五行の「木」は五臓の「肝」を示し、五色の「青」を表します。
「肝」は全身の気や血を巡らせる働きがあり、肝が健康であれば、精神が安定します。

「火」は「心」を示し、色は「赤」です。
「心」は、全身に血液を送り出すポンプの役目をしています。
また「心」の十分な働きによって精神や意識、思考力が高まります。

・「土」は「脾」を示し、色は「黄」です。
「脾」は消化吸収を助けるとともに、筋肉や骨を丈夫にする働きもあります。

「金」は「肺」を示し、色は「白」です。
「肺」は、鼻や粘膜、気管支、皮膚などを正常に保つ働きをします。

「水」は「腎」を示し、色は「黒」です。
「腎」は、泌尿器系や生殖活動生命活動を司ります。

五行に基づいた五色とは顔色や肌の色のこと

日本人は黄色人種ですが、肌の色は少しずつ違います。
遺伝や職種によっても、色白の人や色黒の人に分かれますが、病気によっても肌の色に違いが出てきます。
漢方では全身に経絡と呼ばれるエネルギーの伝達経路がめぐっていますが、五臓六腑のどこかに異常があると、顔や体に色として現れます。

・顔色が青い場合は、肝臓が疲れている場合が多いようです。
・顔色が赤い場合は、心臓や脳に問題があるかも知れません。
・黄色い場合は、消化器系の病気を疑ってみましょう。
・白い場合は、呼吸器系のトラブルの可能性があります。
・黒い場合は、泌尿器や生殖器系に異常をきたしているのかも知れません。

まとめ

顔色が良いとか悪いとはよく言いますが、毎朝家族や自分の顔色が何色なのかを見ることも大事です。
お酒を飲んでいるわけでもないのに最近顔色が赤いとか、日に焼けた記憶もないのに薄黒い顔になってきたなど、

毎日の洗顔で気づいたなら、体からのメッセージなので、毎日の生活習慣をふり返ってみましょう。

関連記事

  1. 赤色のプリザーブドとカラーブリージングで活力アップ!
  2. 青のプリザーブドと、カラーブリージング♪
  3. 白色のプリザーブドと、カラーブリージングでクリアになりましょう。…
  4. 黄色のプリザーブドと、カラーブリージング♪
  5. 花の色と陰陽五行は関係あるの?
  6. ホルモンバランスは腎でとる?五行と花セラピーの面白い関係
  7. 陰陽五行と色について
  8. 紫色のプリザーブドと、カラーブリージングで見通し明るく!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 残り少ない夏を満喫!あなたを元気にするオレンジ色の魅力
  2. 赤色のプリザーブドとカラーブリージングで活力アップ!
  3. 白色のプリザーブドと、カラーブリージングでクリアになりましょう。
  4. 紫色のプリザーブドと、カラーブリージングで見通し明るく!
  5. 青のプリザーブドと、カラーブリージング♪

ランキング

人気記事

ユリの花言葉~由来と伝説

ユリユリの花言葉※色によって花言葉が変わってきます。ユリの色別の花言葉…

スズランの花言葉~由来と伝説

スズランスズランの花言葉スズランの名前の由来花名の鈴蘭(スズ…

プルメリアの花言葉~由来と伝説

プルメリアプルメリアの花言葉プルメリアの名前の由来属名の学名「Plumeria(…

PAGE TOP