ア行

ウメの花言葉~由来と伝説

ウメ(梅)

 

(梅、学名:Prunus mume、英: Japanese apricot

ウメの花言葉

「高潔、忠実、忍耐、上品、忠義、独立、艶やかさ、約束を守る、気高い心、高潔な心、澄んだ心、厳しい美しさ、美と長寿」

※色別の花ことば

白(白梅):気品 澄んだ心

 

花名の由来

花名のウメの語源には諸説あります。

梅の名前は中国から入ってきた当時「烏梅(ウメイ)」や「梅(メイ)」という発音されていました。

当時の日本人には、「ムメ」と聞こえ、それがウメに変化したといわれています。

花の美しさから「愛目(うめ)」が転じた説などがあります。

 

ウメ誕生花

1月3日、1月11日(白)、2月1日、2月7日、10月24日

 

飛梅伝説

菅原道真(すがわらのみちざね)は左大臣藤原時平(ときひら)のとの政争に敗れたことにより、京都を離れ、九州・筑前国の大宰府に左遷されることになりました

その際、松や、梅、桜 をこよなく愛していた菅原道真公は、自宅にあった木々との別れを惜しみ、

「こち吹かば匂(にお)い起こせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」 

と詠みました

「東風(こち。春風のこと)が吹いたら、香りをその風に託して大宰府まで送り届けておくれ、梅の花よ。主である私がいないからと言って、春を忘れてはならないよ」

道真を慕う庭木たちのうち、サクラは悲しみに暮れてついには枯れてしまいました。

その想いは梅や松の木にも伝わっていたようで、主とともにありたいと願った木々は、道真の元へと飛び立ちます。

しかし、マツは途中で力尽き、摂津国八部郡板宿近くの丘に降り立ち、この地に根をおろしました(飛松伝説)。

梅は一晩にして、都から菅原道真公が住む大宰府の屋敷の庭へ飛んできたと言います。

関連記事

  1. アマリリスの花言葉~由来と伝説
  2. キョウチクトウの花言葉~由来と伝説
  3. ジャスミンの花言葉~由来と伝説
  4. プルメリアの花言葉~由来と伝説
  5. カラーの花言葉~由来と伝説
  6. アルストロメリアの花言葉〜由来と伝説
  7. キンギョソウの花言葉~由来と伝説
  8. アンスリュームの花言葉〜由来と伝説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 残り少ない夏を満喫!あなたを元気にするオレンジ色の魅力
  2. 赤色のプリザーブドとカラーブリージングで活力アップ!
  3. 白色のプリザーブドと、カラーブリージングでクリアになりましょう。
  4. 紫色のプリザーブドと、カラーブリージングで見通し明るく!
  5. 青のプリザーブドと、カラーブリージング♪

ランキング

人気記事

1月2日の誕生花

1月2日の誕生花 花言葉ハボタン花言葉・・・「利益、物事に動じない、祝福、慈愛、愛を包む」…

花風水で癒やす 自分に贈るご褒美のブリザーブドフラワー

毎日頑張っているつもりなんだけど...何だか空回り。つい強がって恋人にごめんなさいが言えない…

花の色と陰陽五行は関係あるの?

~花の色と陰陽五行~ 青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)が、中国発祥の陰陽五行では色の基礎と…

PAGE TOP